2015.06.22更新

愛され小顔を提供する、いちどう接骨院の院長の林です。

みなさま、おはようございます。

 

今日は夏至、一念で最も長い時間の昼間の日です。

南区の天候は曇り、気温は高めで汗ばむ暑さを感じます。

 

こんな時期は体調を崩される方が増えるように思います。

 

そもそも気候と健康にはある種の因果関係が存在するように思います。

 

天気が悪いと気分が落ち込むといった、メンタル的なものもありますが、

一番は気圧関連していることが多いようです。

 

体の内圧外圧のバランスが変化することで、痛みや不快感、違和感など起きやすくなります。

 

天気が悪いと低気圧状態といえます。つまり体の内圧が高まります。

 

内側から膨らんだ風船みたいなものです。

さまざまに影響が出るようです。

 

何に気を付けることではありませんが、天気によって不調に変化がある方は、一度受信してみてください。

投稿者: いちどう接骨院